FLY - Fuchu's Leadership Program for Youths
研修会

FLY - Fuchu's Leadership Program for Youths研修会

FLYでは、中学校の学習支援に際し、講師の育成・研修にも力を入れています。各中学校の要望や現状を考慮しながら、指導者の資質向上・指導の均質化を図り、変化する社会・教育問題に適切に対応するための研修会を月に一度開いています。教育の専門家の講義を受けながら、参加者は議論を深め、さまざまな課題に向き合っています。さらに、事例検討をすることで、より良い指導方法や教具・教材などを話し合います。計画をたて、実行し、反省し、次の行動にいかしていくという基本を忘れずに、これで良いと留まることなく、よりふさわしい教育は何かを模索し続けています。

写真

この研修会は、教育に関心のある方や子育てをされている方など、どなたにでも参加していただけます。ひとりひとりが変化する教育問題を考え、理解することは、子育て世代にとって住みやすい環境につながります。その結果、府中が大好きな子どもがたくさん育ち、やがて地域に貢献する力になってほしいと願っています。詳しい内容や、次回の予定はSNS等で随時更新してまいります。

第1回研修会の内容
「異文化理解」について
自分と違う文化や考えの人と接するとき、どのような行き違いや誤解が起こるのか、ということについて具体的な事例を見ながら、言語・非言語によるコミュニケーションの方法を学びました。
第2回研修会の内容
「教育現場での人権」について
教育の現場で私たちが何気なく行っている言動が、どのように法律上の人権問題にかかわっているのかを考えました。
第3回研修会の内容
「隠れたカリキュラム」について
学校や社会には、文化や習慣によって築かれた目に見えないカリキュラムがあり、私たちは気づかないうちに、思考や生活や行動に様々な影響を受けているということを学び、これからの社会や教育はどうあるべきかを話し合いました。

研修参加者として…

子どもたちへの接し方をアップデートできる良い機会になります!普段は塾で教える側の立場なのですが、この研修では教わる側になるのが新鮮で何とも楽しい(笑) 仕事上日々気をつけていることでも、研修参加者の皆さんと話し合うことで、再認識・再確認ができます。

時には新しい発見もあり、この事業だけでなく、本業に対しても得るものは大きいです。わかってはいても大人側の対応が、子どもたちにとっては理不尽なものになってしまう。時代が違えば考え方も違うわけで、十年前の常識が現代では非常識になることも。まさに異文化理解、人権や習慣といった私たちの脳内アプリのアップデート!お子さんをお持ちの保護者の方にもお勧めします。

人は幾つになっても日々是勉強で、私たちも子どもたちと一緒に学び、羽ばたいて行きます。YES, WE CAN FLY!

FLY講師(私塾塾長)

教育の機会均等

「教育の機会均等」…だれもが生まれや育ちに関係なく平等に教育を受けることができる原則は、憲法や教育基本法で保障されています。Fuchu’s Leadership Program for Youths (FLY)は、生活環境に様々な困難を抱える子たちの学習支援や進路指導、また安心した居場所を提供することで、学力の向上と輝く個性を育てる総合的支援活動です。

明日の社会をになう子ども達が、大きな夢に向かってFLY(飛び立つ)できるよう、さあ皆さん一緒に支援の輪を広げて参りましょう!

FLYコンサルタント
東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授
オックスフォード大学教育学博士 岡田昭人